「机上査定」と「訪問査定」の違い。適正価値がわかるのは?

不動産売却の際に最初にするべきことは、「不動産会社に売却したい物件の査定をしてもらうという」ことです。とてもシンプルなことではありますが、この査定方法は二つあり、この違いを知っておくだけでも売却にかける時間が短縮されます。

また、自身の売却理由によってはどちらかを選択することで安心して売却することができるのでとても便利です。

来店不要、メールのみでチェックできる机上査定

一つ目は机上査定です。机上査定は、売却物件を見ずに価格を算出する簡易的な査定で、査定にかかる時間は30分から1時間くらいです。

その名の通り机上での査定であり、物件情報は紙で得た情報でしかありません。
しかし、今はネットで何でも調べられる時代です。ネットで一度に複数の不動産会社に、無料で査定依頼できるサービスもあり、利用者が増えています。
住所から立地条件が分かりますし、路線価などもわかります。
築何年というところから家屋の価値なども大まかに把握することができます。

本交渉に入る前のたたき台。便利なので利用者も増えています

これらの情報から売却価格を査定するので、別名で簡易査定とも呼ばれています。
適正価格と呼ばれているものからは、差が出てくることもありますので、あくまでも本交渉に入る前のたたき台と思ったほうがいいでしょう。
実際に机上査定よりも高くなることもありますし、逆に安くなることもあります。
あくまでも現物を見ずに得られた情報からの査定です。

きちんとした価格を出したい場合は、ここからさらに登記簿謄本などの詳細な書類でより細かく査定額を算出することもできます。

机上査定後には、実際の家の状態を見る「訪問査定」で算出

メールや電話だけで不動産の価値を調べるよりも、確実な不動産の価値を知ることができるのが訪問査定です。
机上査定は別名を簡易査定と呼んでいるように、あくまでも仮の査定となります。

その次に行う訪問査定では、プロの目が初めて売却物件に入ることになります。
そこでは住所や土地の面積、建物の間取りなどでは読み切れない条件などを考慮に入れて、より正確な査定を行うものとなっています。また、チェック項目は多岐にわたります。

住んでいる時は気にならなかった汚れも査定に影響

ここでは書き切れないのですが、建物は細部にわたってチェックされます。

たとえば、建物の内装の汚れ具合(たばこのヤニなど)水回りの状況、窓からの眺め、図面からでは図れない収納性や便利度、さらには周囲の住宅環境などです。
騒音などは場合によっては時間ごとに細かくチェックされることになります。

『家のクリーニングは最初に行うこと』

さらには人間の五感になるのですが、臭いや雰囲気なども十分査定項目に入りますし、登記簿などの図面もチェックされます。訪問査定が最終的な査定額の決定になります。
事前に家の掃除などはしておいたほうがいいでしょう。

また、手放すときにはハウスクリーニングなどもすることになりますので、できるなら訪問査定前にしておくことをおすすめします。
家のクリーニングを最初にすることで査定の結果にも大きく影響することは言うまでもありません。

c320a5b8bb05539902a5616560346bed_m

スマイスターのマンション一括査定

oukan1.gif

sumaistar180x164
  • 当サイトでも断トツの利用率
  • 最大6社に一括査定依頼で高額売却できる
  • 大手不動産会社を含む800社以上が参画

800社以上の有力不動産会社があなたの物件売却をサポート。入力も最短45秒で完了!マンション売却を考えたら、まずは一番最初に使いたい、登録しておきたい一括査定サービスです。さらに、査定依頼と同時に、お持ちの不動産の相場も分かるので比較しやすい。

イエイの不動産マンション一括査定

oukan2.gif

iei
  • 入力わずか30秒の一括査定
  • 一番高い価格の業者がすぐわかる
  • 150万人以上の方の利用実績

イエイの一括査定は自宅に居ながらにして最大6社までの査定価格を最短60秒で比較する事を可能!利用者97%の方が「査定額を比較して良かった」と答えています。イエイにはイエローカード制度により悪徳業者は登録出来ない仕組みになっています。

イエウールのマンション一括査定

oukan3.gif

ieu-ru
  • 全国1,200以上の優良不動産会社と提携
  • 最大6社の一括査定で500万円の差が出ることも!
  • 入力60秒で査定依頼完了

全国1,200社を超える優良不動産会社が参画しているイエウールは、査定対応エリアに応じた会社を自動で抽出しその中から選択・比較できます。一度に6社無料査定ができ、1社のみ査定依頼するより査定額が高くなり500万円差が出ることもあります。